FX業者は年々スプレッド幅を小さくしている?


 

sdf88sf FXでをうまく運用するためには、取引によって利益を得るだけではなく、それにかかるコストをなるべく抑える必要があります。中でも基本となるのが、手数料とスプレッドにかかる費用を削っていくことでしょう。

スプレッド幅というのは、ようするに買値と売値の差額のことです。これが同レートでは買値の方が高く設定されているため、売買をするとかならずその分だけが利用者のコストとなってしまうわけです。

このスプレッドの設定は業者の裁量によって決められていて、その数値は常にトレーダーに示されるています。基本的には米ドル/円のように主要通貨ペアであるほどその値は小さく、マイナーな組み合わせであればあるほど大きくなっていくという傾向があります。また、日本時間の深夜から早朝にかけては諸外国、特にアメリカの経済指標が発表される時間帯なので、スプレッド幅が拡大する傾向にあります。

スプレッドというのは、それ自体が直接業者にとっての利益となるのですが、だからといってあまり大きくしていては利用者が増えません。そのため最近では、どの業者でもスプレッド幅は全体的に小さくなっているようです。

FX業者を選ぶときは、このことを気をつけて探すようにしましょう。トレーダーとしても、小さなスプレッド幅や固定スプレッドを選んで取引を行えば、その分大きな利益につながっていくのです。

参照引用: 一目均衡表.com

実際にこのような点に注意しながら、手動で行う取引に成行注文というものがあります。

成行注文というのは、これといって設定価格を決めることなく、リアルタイムでみずからレートの動きを確かめながら、ここぞというところで注文を行う方法のことです。基本中の基本ともいえる方法で、とにかくすみやかに取引を成立することができます。

ただし、この方法の欠点になるのがいわゆるすスリッページ、「すべり」というものです。成行注文を出すまでには、業者によっては誤発注を防ぐため。別画面で注文内容を確認するなどという面倒な手順が要求されてしまいます。またネット上で処理されるまでに時間差が主事てしまうので、本来買いたかった値と違う時点で約定してしまうこともあります。これを「すべった」といい、成行注文ではよく見られる光景です。

このような不安定な方法に対し、あらかじめどのレートで注文するかということを決めておいて、自動売買のプログラムに任せることを指値注文といいます。こちらではプログラムがその数値以外には一切反応しないため、誤発注のようなミスは確実に防ぐことができます。ただし、その分読みの鋭い指値の設定が必要となりますし、あくまで数値以下ならばここだというチャンスもみすみす逃してしまうという融通さに欠けた面も気になるかもしれません。

そこで本来の成行注文が持つリアルタイム性をよりうまく発揮できるようにしたのが、「ワンクリック注文」です。これは文字通り、一度だけのクリックで成行注文ができてしまう方法で、頻繁に売買を行う短期取引などでよく用いられる方法です。

もちろん、その分誤発注もどうしても起こりやすくなってしまうので、十分に注意して利用するようにしなければいけません。