レバレッジの効果と弱点


 

FXは日本語で外国為替証拠金取引と言い、この証拠金を使う事で外国為替の取引きをより効果的にしたものになります。

為替相場の値動きはとてもに小さく、取り扱う通貨の種類によっても違いがありますが、大きな変動であっても一日に1円が動くことは稀になります。

こうしたことから、外国為替の取引きをより効率よく行うため、FXを取り扱う取引業者では、顧客である投資家に証拠金を預けてもらう事により資金を融資し、投資家が投資した金額を倍加させてより大きな数量の取引きを可能にさせる仕組みを用意しています。

これがレバレッジと呼ばれるもので、言葉の意味はドアなどについているレバーと同じように小さな力で大きな効果をもたらす「テコの原理」をさしています。

これにより、投資家は日本国内であれば最大25倍、海外の取引業者であれば数百倍や千倍以上のレバレッジが使えることになり、小さな値動きの為替相場でも充分な利益が見込めるようになっています。

例えば1ドル100円の相場では、1万ドルを買って取引きするには100万円必要ですが、レバレッジ25倍を使えば、4万円でこの取引きができます。
もちろん、そこから得られる利益も、100万円をそのまま投資した時と同じものが受け取れるので、投資家にとっては大変有効な仕組みと言えます。

しかしながら、逆に為替相場が損失方向に動いた場合には、4万円の投資に対して、100万円分の投資と同じだけの損失を受けることになりますので、使いどころには注意が必要です。

損失方向への変動が大きくなった場合には、投資金を失うどころが借金になる場合があります。

こうしたことを防ぐために、取引業者では顧客から受けている証拠金に対して、取引きしている通貨の含み損の金額が一定に達した場合、強制的に取引きを終了させるロスカットという仕組みを持っています。

これが行われると、その時点で取引きの損失が確定し、預けている証拠金が大幅に失われることがあるため、レバレッジの使い方には充分な配慮が必要なのです。